「初冠」テスト問題

【一】本文について、設問に答えよ。
昔、①、初冠して、平城の京、春日の里に②領るよしして、狩りにいにけり。その里に、いとなまめいたる女はらから住みけり。この男、③垣間見てけり。思ほえず、ふるさとに、いとはしたなくてありければ、④心地惑ひにけり。男の着たりける狩衣の裾を切りて、歌を書きてやる。その男、しのぶずりの狩衣を【X】着たりける。
春日野の若紫のすり衣しのぶの乱れ限り知られず
となむ、追ひつきて言ひやりける。ついでおもしろきことともや思ひけむ。
陸奥のしのぶもぢずり誰ゆゑに乱れそめにし我ならなくに
といふ歌の心ばへなり。昔人は、かくいちはやきみやびをなむしける。

 

問一 次の語句の読みを、ひらがな(現代仮名遣い)で答えよ。
①初冠 ②平城 ③狩衣 ④陸奥

問二 傍線部①は、誰だと推定されるか。姓名を漢字で書け。

問三 傍線部②を現代語訳せよ。

問四 傍線部③とは、どのような意味をなす行動か。漢字二字で答えよ。

問五 傍線部④について
(1)現代語訳せよ。
(2)ほぼ同意の表現を本文から十字以上十五字以内で探して、はじめと終わりの三字を答えよ。

問六【X】に入るべきひらがな二字を書け。

問七 傍線部⑤について
(1)序詞を抜き出せ。
(2)「若紫」は何をたとえているか。本文から抜き出せ。

問八 傍線部⑥について、「そめ」は掛詞であるが、どのような意味が掛けられているかを漢字で答えよ。

問九 本文を前半と後半に分けるとすれば、どこで分けるのが適切か。後半のはじめの三字を抜き出せ。

問十 本文の出典と、ジャンルを答えよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【解答例】
問一 ①ういこうぶり ②なら ③かりぎぬ ④みちのく
問二 在原業平
問三 領地があった縁で
問四 求愛
問五(1)心が乱れてしまった。 (2)しのぶ〜られず
問六 なむ
問七(1)春日野の若紫のすり衣 (2)いとなまめいたる女はらから
問八 染め、初め
問九 ついで
問十 伊勢物語、歌物語

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA