「鴻門の会」書き下し文

沛公、旦日百余騎を従へ、来たりて項王に見えんとす。鴻門に至り、謝して曰はく、「臣将軍と与に力を戮はせて秦を攻む。将軍は河北に戦ひ、臣は河南に戦ふ。然れども自ら意はざりき、能く先に関に入りて秦を破り、復た将軍に此に見ゆるを得んとは。今者小人の言有り、将軍をして臣と郤有らしむ。」と。
項王曰はく、「此れ沛公の左司馬曹無傷之を言ふなり。然らずんば、籍何を以つてか此に至らん。」と。項王即日因りて沛公を留めて、与に飲す。項王・項伯は東嚮して坐し、亜父は南嚮して坐す。亜父とは范増なり。沛公は北嚮して坐し、張良は西嚮して侍す。范増数項王に目し、佩ぶる所の玉玦を挙げて、以つて之に示す者三たびす。項王黙然として応ぜず。范増起ち、出でて項荘を召して、謂ひて曰はく、「君王人と為り忍びず。若入り前みて寿を為せ。寿畢はらば、請ひて剣を以つて舞ひ、因りて沛公を坐に撃ちて之を殺せ。不者んば、若が属皆且に虜とする所と為らんとす。」と。荘則ち入りて寿を為す。寿畢はりて曰はく、「君王沛公と飲す。軍中以つて楽を為す無し。請ふ剣を以つて舞はん。」と。
項王曰はく、「諾。」と。項荘剣を抜き起ちて舞ふ。項伯も亦剣を抜き起ちて舞ひ、常に身を以つて沛公を翼蔽す。荘撃つを得ず。是に於いて張良軍門に至り、樊噲を見る。樊噲曰はく、「今日の事、何如。」と。
良曰はく、「甚だ急なり。今者項荘剣を抜きて舞ふ。其の意常に沛公に在るなり。」と。
噲曰はく、「此れ迫れり。臣請ふ、入りて之と命を同じくせん。」と。
噲即ち剣を帯び盾を擁して軍門より入らんとす。交戟の衛士、止めて内れざらんと欲す。樊噲其の盾を側てて以つて撞く。衛士地に仆る。噲遂に入り、帷を披きて西嚮して立ち、目を瞋らして項王を視る。頭髪上指し、目眥尽く裂く。項王剣を按じて跽して曰はく、「客何為る者ぞ。」と。
張良曰はく、「沛公の参乗樊噲といふ者なり。」と。
項王曰はく、「壮士なり。之に卮酒を賜へ。」と。
則ち斗卮酒を与ふ。噲拝謝して起ち、立ちながらにして之を飲む。
項王曰はく、「之に彘肩を賜へ。」と。
則ち一の生彘肩を与ふ。樊噲其の盾を地に覆せ、彘肩を上に加へ剣を抜き切りて之を啗らふ。
項王曰はく、「壮士なり。能く復た飲むか。」と。
樊噲曰はく、「臣死すら且つ避けず。卮酒安くんぞ辞するに足らん。夫れ秦王虎狼の心有り。人を殺すこと挙ぐる能はざるがごとく、人を刑すること勝へざるを恐るるがごとし。天下皆之に叛く。懐王諸将と約して曰はく、『先に秦を破り咸陽に入る者は、之に王とせん。』と。今沛公、先に秦を破り咸陽に入るも、毫毛も敢へて近づくる所有らず。宮室を封閉し、軍を覇上に還して、以つて大王の来たるを待てり。故に将を遣はして関を守らしめしは、他盗の出入と非常とに備へしなり。労苦だしくして功高きこと此くのごときも、未だ封侯の賞有らず。而るに細説を聴きて、有功の人を誅せんと欲す。此れ亡秦の続のみ。窃かに大王の為に取らざるなり。」と。
項王未だ以つて応ふる有らず。曰はく、「坐せよ。」と。
樊噲良に従ひて坐す。坐すること須臾にして、沛公起ちて廁に如く。因りて樊噲を招きて出づ。
沛公已に出づ。項王都尉陳平をして沛公を召さしむ。
沛公曰はく、「今者出づるに、未だ辞せざるなり。之を為すこと奈何。」と。
樊噲曰はく、「大行は細謹を顧みず、大礼は小譲を辞せず。如今人は方に刀俎たり、我は魚肉たり。何ぞ辞するを為さんや。」と。
是に於いて遂に去る。




 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

CAPTCHA